【白人女性のピンクの割れ目】美しい恋人

さて、そろそろ読者諸君の中に「御託は良いから、早く、その『外国人の女性と簡単に付き合う画期的な方法』を教えろ」と怒り出す方が出てくるであろう。

まあ、落ち着きなさい。ちゃんと、教えます。

以前、記述したとおり、私は高校二年生(十七歳)から大学三年(二十一歳)までの五年間、西洋の女性の美しい身体を抱くことだけを考えてきた。

つまり、この方法は私の五年間を費やして、ようやく考えた方法である。

さらに、効果は実際に私自身が身をもって証明しているわけだから、いわば折り紙つきである。

素直に信じて良い。西洋の外国人女性を好む仲じゃないか。疑ってはいけない。

私は今、大学四年生、この画期的な方法を思いついてから一年を経た。

現在、二十歳の白人女性と付き合っている。

この子の名前は、オクレールと言う。

オクレールは、私の希望通りの美しい金髪で、肌はプリント用紙よりも白いのではないかと思われるほど、白く光っている。

SEXのときに彼女の裸体を見るのだが、それがまた言葉では言い表せないほど美しい。

白い大きなオッパイに淡い桃色の乳首が二つ。

下の毛は金色に光っており、その毛の下には、光沢のある綺麗なピンク色の割れ目。

まさに、「どうだ、まいったか」と言ったところである。

さて、金色の妖精オクレールとどのようにして出会ったかであるが、そのことは次回、話そうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*