【外国人女性と付き合うには】英語力よりも日本語力

私が「白人女性と簡単に付き合う方法」を考えてから一年、私が抱いた白人女性の数は、ざっと68人である。

つまり、現在付き合っているオクレールは、68人目の女性である。

私がこの話をすると、必ず、「一年でそれほどの数の白人女性を抱くなんてことできるわけがない」と言う奴が一人は現れる。

疑ってはいけない。私は、事実を言っているのだ。本当にできるのである。

いや、実際のところを言えば「もっとできた」というのが正しい。

私は学生であったから、多少、勉学やら交友やらに気をとられて、最大限にこの「画期的な恋愛方法」を活かせていなかった。

本気になってこの方法を利用すれば、一年に白人女性100人を抱くことは容易であると思われる。

さて、よくある質問であるが、この画期的な恋愛方法を利用するにあたって、英語などの語学力が必要か、と尋ねられることがある。

私が今まで抱いた外国人の女性は、フランス人、ロシア人、ドイツ人、イギリス人、アメリカ人などである。

この恋愛方法を行う際に語学力が完全に必要ないとは言い切れない。

「SEX」や「PENIS」くらいの単語は覚えておく必要がある。

しかし、それくらいの単語を覚えておけば、あとは問題ない。

狙うのは「日本に来ている白人女性」である。

白人女性の方が日本語を知っている、または日本語の勉強中なのだから、日本語でもセックスを誘うことは可能である。

ちょうど、ポイントが一つ出てきたので、ちゃんと覚えておきましょう。

ポイント1「日本語を勉強中の白人女性こそが本当のねらい目」である。

「日本語を勉強している白人女性」は、日本人の友人あるいは恋人を必ず求めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*